アフィリエイト広告を利用しています

山下智久と新木優子の映画「SEE HEAR LOVE」ネタバレと感想

山下智久と新木優子の映画「SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる」は、Amazonプライムビデオで独占配信されています。

プライム会員にならないと見れない映画なので、見るために加入するかどうか迷っている人もいるのではないでしょうか。

こちらの記事では「SEE HEAR LOVE」のあらすじや感想について紹介していきます。

「SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる」のあらすじ&ネタバレ

SEE HEAR LOVE 公式ページはこちら

「SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる」のあらすじ

山下智久さん演じる泉本真治は漫画家。漫画を描き上げるのにかなり体を酷使していました。

ある日、連載中の漫画が映画化になる話が舞い込んできました。ただし、条件として漫画の結末を指示されたものに変えること。それは真治の思い描くストーリーではありませんでしたが、とりあえずこれで成功したら次もある。それなりの地位の漫画家になったら、自分の描きたいものが描ける、と条件を飲もうとしていました。

そんな中、真治は突如病気で目がみえなくなってしまいます。突然の視力を失った生活、体が不自由な祖母の面倒も見れなくなり、自分の未来がみえない真治はベランダから飛び降りようと…。

それを止めたのが、新木優子さん演じる相田響です。

響は生まれつき耳が聞こえない。真治の漫画の大ファンで、連載の更新を楽しみにしています。漫画が休載になったことで居てもたってもいられなくなり、真治の家を探し出し、訪ねてきたところでした。

響は献身的に真治を支え、二人は心を通わせて、お互いを思いやって暮らしていきます。

「SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる」のネタバレ

目が見えない真治と耳が聞こえない響。だからこそ様々なコミュニケーションをとって仲を深めていき、二人は幸せな日常を過ごします。

真治は花嫁になることが夢だという響を幸せにしてあげたくて、指輪を買いに行くことに。

そのためのお金を工面するために映画化のために漫画の結末を変えることにしました。

しかしそのストーリーを知った響は、真治の漫画ではない!と納得がいきません。

そんな中で真治は病気が進行して自分の余命がないことを知ります。響の前から姿を消し、響のために漫画を完成させることに。

響きは一生懸命真治を探します。雪の中、思い出のベンチに座る真治をようやく見つけましたが、真治は意識をなくしており…。その後物語は未来へ…。

「SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる」の作品情報

キャスト

【山下智久】(泉本真治)
漫画家。病気で目が見えなくなってしまう。
【新木優子】(相田響)
生まれつき耳が聞こえない。真治の漫画の大ファン。真治を支え、一緒に暮らし始める。
【高杉真宙】(植村大輔)
大企業の社長。響にずっと片思いをしていて、ちょっとこじらせている。
【山本舞香】(中村沙織)
真治のアシスタント。目が見えなくなった真治の仕事を支える。真治のことが好き?
【深水元基】(菅原哲也)
サポートタクシーの運転手。真治の漫画のファンで手助けをしてくれる。
【菅原大吉】(平山省吾)
出版社の社長。真治の漫画の映画化を持ち込む。お金にゲスい。
【山口紗弥加】(遠山恵)
植村大輔の秘書。変装してカフェオーナーとして響に近づく。後々響きの味方に。
【夏木マリ】(多恵)
真治の祖母。言動が乱暴で一癖ある性格だが、真治を大事にしているのが伝わってくる。

監督

「SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる」の監督はイ・ジェハンさん。

韓国の映画監督・脚本家です。
日本でも『私の頭の中の消しゴム』が大ヒット。他にも『サヨナライツカ』など恋愛映画が有名な監督です。

主題歌

「SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる」の主題歌は、山下智久さんが歌う「I See You」という曲です。

6月2日にAmazon Musicで日本独占先行配信され、6月9日には各種配信サービスで配信スタートになっています。

また、7月19日にリリースする山下智久さんのニューアルバム「Sweet Vision」にも収録されます。

「SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる」の感想や口コミ

「SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる」はつまらない!?

「SEE HEAR LOVE」がつまらなかったという感想も出ています。

どのような点が面白くなかったのか口コミをまとめてみました。

・ストーリーが駆け足でよくわからないところもあった
・まわりのキャラの描き方が足りなくてもっと掘り下げて欲しかった
・真治と響の距離が縮まる過程を省略しすぎ
・響が真治の家を探し当てるなどご都合主義がすごい

原作がある映画全般に言えることですが、時間に限りがあるのでどうしても物足りない部分が出てきてしまうのかなと思います。

私もまわりのキャラの事がいまいち不明で「あれ?好きだったのかな?」「どういう関係だったの?」など疑問に思う時もありましたが、それを知らなくても大筋には影響ないかなという気持ちも。

あえて主人公の二人を際立たせるために、まわりの掘り下げはほどほどにしたのかなと思っています。

ただ残念だったのは、真治と響が出会ってから心を通う合わせるまでの過程が省略されていたこと。

真治は目が見えないことも含めてどうやって受け入れて、響と心を通い合わせていったのか、もう少し丁寧に描いてほしかったです。

「SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる」の素敵なところ

この写真は私がとても好きなシーンです。

「SEE HEAR LOVE」は絵になるシーンが多いということ!少女漫画好きにはたまりません。

少女漫画って1コマでページをとるほど、絵になる印象的なシーンを大切にしていると思います

山下智久さんと新木優子さんが美しいのはもちろんですが、意図的に印象的なシーンが出てきます。

それが物語の美しさとあいまって、ときめきや切なさを演出しています。

そして何と言っても、感動的なストーリーだということ。

真治と響がお互いを思いあう日常。行ってきますの挨拶が手を握り合って大きく振るところなど何でもない日常から二人の愛が伝わってきます。

そして真治の病気の進行がわかってからの怒涛のストーリーは胸がおしつぶされそうでした。

「SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる」の記事について

山下智久さんと新木優子さん主演の映画「SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる」のあらすじや感想を紹介しました。

Amazonプライムビデオでの独占配信になるので、もし会員でない場合は、30日間の無料体験で加入できます。

映画だけでは物足りない。映画で描き切れなかったストーリーをもっと補完したいという方は小説版を読むのもおすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました